top of page
  • 執筆者の写真ふうこ

縁(ヘリ)はつける?つけない?それぞれの味わい方!



理想の雰囲気作りに、畳縁(たたみべり)は大きなポイント


畳を選ばれる際、お客さまがよく迷われるのが「畳縁(たたみべり)」について。


付けるか否か、付けるとしたら色や柄はどうするか。選択肢は無限大です。

そこで今回は、ゲストハウス・草戸の1室から、それぞれの味わいを生かした事例をご紹介します。




ヘリの色を家具や木の色と合わせてみる


こちらの小上がりは、“畳縁あり”の一例。


ヘリの赤みがかった茶色が、アンティーク家具の色と共に温かい印象を作ってくれています。お部屋全体に漂う、和の雰囲気ともぴったりですね。




「ヘリをつけると、ごちゃついた印象にならないかな?」と心配されている方は、木の部分や家具、壁紙と同系色のものを選ぶと、上手に溶け込んでくれるかもしれません。





ヘリ無しですっきりと落ち着く印象に



こんどは、同じお部屋の中の寝室。

ヘリを無くすと、洋の要素であるベッドも違和感なく畳と馴染みます。



こちらは小さなロフトスペース。ちょっと和モダンな雰囲気になるので、合わせる家具の幅も広がりそうです。



畳縁でお部屋の雰囲気づくりを楽しもう!



いかがでしたか?

ひとつの空間の中でも、畳縁のある場所とない場所とでは、印象が全然ちがいますよね。


小さなパーツとはいえ、お部屋の雰囲気を大きく左右する畳縁。

当店ではサンプルをたくさんご用意しておりますので、ぜひじっくり見比べてみてください。もちろん、ヘリ無し畳も大歓迎です!


[Information]

畳:小上がり/国産天然畳、寝室・ロフト/琉球畳(七島藺)

畳縁:小上がり/麻無地

お部屋:草戸 soco room.3



閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page